Data Platform Kure
Loading...
呉市では、データを公開することにより、地域課題解決やイノベーション創発を促す取り組みである「データプラットフォームくれ」事業に取り組んでいます。本ユースケースでは本事業により提供されるデータの利用方法についてご紹介し、多くの方が呉市のデータを利活用いただくことを目的としています。
ユースケース
データプラットフォームくれで提供しているAPIから得られるデータを利用したダッシュボードや解析をお示しします。API、データの利用方法について参考にしていただければ幸いです。
市民生活・防災
人口データの可視化と分析
本ユースケースでは、呉市の人口データをグラフ化することによって、過去と現状を示しました。
産業
人流データの可視化と分析
本ユースケースでは、GPSデータを活用して生成した滞在人口データを利用し、呉市内18地点の人流を分析することで呉市の実態調査を行いました。
産業
大和ミュージアム来館者データの可視化と分析
本ユースケースでは、大和ミュージアムの来館者数データを加工し、賑わい指数としたデータを利用しました。カレンダーのインターフェースに呉市の天気と、主要なイベントを入力しました。
文化・スポーツ
図書館貸し出しデータの可視化と分析
本ユースケースでは、呉市の図書館の貸し出しデータを利用し、図書館の利用状況と周辺の人口をマッピングして図書館の利用状況を考察しました。
都市基盤
いきいきパスデータの可視化と分析
本ユースケースでは、高齢者の方の移動を支援するためのサービスの一つである「バス優待運賃助成事業」の優待証(いきいきパス)のデータを利用し、人の移動について分析した活用事例をご紹介します。